命短し、歩けよたおやめ

体力なし筋肉なし経験なしのたおやめが老朽化と戦いながらはじめた登山の記録

2024-01-01から1年間の記事一覧

コンフォートホテル東京東日本橋:東京都中央区

忘れられない心地よい枕:コンフォートホテル東京東日本橋 泊まった時期:2023年4月 同行者 :なし 立地とアクセス 駅からのアクセス 公式サイトによると「JR馬喰町駅4番出口より徒歩0分」0分は言い過ぎではと思ったが、確かに4番出口を出ると目の前に入り口…

六甲山系ゆるっ登山:海・山・街!神戸らしさはじける須磨アルプス縦走【須磨浦公園駅~馬の背~板宿駅】

海と街と山がぎゅっと近い神戸ならではの低山ながら絶景が楽しめるルートを歩き、ついでに「乗り心地の悪さ」に定評のある乗り物カーレーターにも乗ってきた。

【立ち寄り湯】有馬温泉:銀の湯

有馬温泉:銀の湯 日本三古湯(道後温泉、有馬温泉、白浜温泉)の一つ有馬温泉。異なる泉質の金泉・銀泉のお湯を気軽に楽しめる公共浴場【金の湯】【銀の湯】がある。 【銀の湯】は温泉街中心部から離れた静かな立地。

メマトイ攻防戦:めんどくさがりでも簡単にできる虫除けスプレー

メマトイの季節がやってきた!低山を歩いているといつの間にかどこからか現れてずーーーっと顔の周りにまとわりついてくる暇な奴メトマイ。とっても簡単にできる自作虫よけスプレーで少しでも快適に山を歩こう。

六甲山系ゆるっ登山:初めての一軒茶屋で今年初のかき氷【芦屋川駅~風吹岩~六甲山頂上】

六甲山最高峰のちょっと下。一軒茶屋に初めて足を踏み入れた 六甲山頂を目指して登山するときに必ず通る一軒茶屋。 「やっと一軒茶屋まで来た!頂上まであと少し!」とか 「やっと一軒茶屋まで来た!今日は頂上はもういっかー」とか 「やっと一軒茶屋まで来…

六甲山系ゆるっ登山:六甲タイムトライアルに挑戦。しょんぼりタイムをたたき出す【芦屋川駅~風吹岩~六甲山頂上】

阪急芦屋川駅から高座の滝・ロックガーデン経由で六甲山最高峰までを体力に無理のない範囲でなるべく速く登り、そのタイムから自分がどのレベルの山に行ける基礎体力があるかを評価する【六甲タイムトライアル】に挑戦した

六甲山系ゆるっ登山:花曇りのお花見登山と湧き立つおたまじゃくし【芦屋会下山遺跡~風吹岩~神戸薬科大登山口】

春うららかなゆる山歩き。神戸薬科大尾根の桜と雌池のおたまじゃくしを見て春爛漫を感じるハイキング

千里の道も一歩から:【折りたたみ歯ブラシミニモ】で歯ブラシの収納性改善とちょびっと軽量化

山に旅行に出張に。 【折りたたみ歯ブラシミニモ】は小さく折りたためて収納性が良い上に使い心地も悪くない。

装備軽量化への道:手ぬぐい1枚減らせない者には軽量化はできぬ

手ぬぐい1枚減らせない者には軽量化はできぬ。この「1円を笑う者は1円に泣く」みたいな格言?は、「これ、まさに私のことだ!」と、感銘を受けた言葉で、今も荷造りの時限定で座右の銘にしている。

岡山で一番高いところに立ってきた:シャトルバス利用で美作アルプス縦走【後山1344m】

登山口送迎シャトルバスを利用して美作アルプスを縦走した。岡山県最高峰後山まで笹の稜線をのんびり歩く。

ヴィアイン新大阪正面口:大阪府大阪市淀川区

ヴィアイン新大阪正面口は新大阪駅すぐの好立地。魅力的な間取りと個性的なカーテンに心奪われるホテル。

ホテルフォルクローロ角館:秋田県角館市

秋田内陸線南側の玄関口:角館駅隣接のこじんまりしたホテル。周辺には商業施設はないけれど、とにかく駅に近くて快適。

みくりが池温泉_3:冬の初めの室堂で温泉を楽しみ雪景色を愛でる

うっすら雪景色が美しい11月初めの室堂、みくりが池温泉へ。セットメニューになっていた朝食がビュッフェ形式にもどっていた。

みくりが池温泉_2:みくりが池に浮かぶ巨大ハートに初見参

秋の終わりの静かな室堂。登山はせずに温泉をゆっくり楽しんできた。これまで見たことがなかったみくりが池にうかぶハートマークも初見参。

ホテルルートイン弘前駅前:青森県弘前市

至る所にりんごを感じる弘前駅前のルートインは交通便利で大浴場もあるホテル。

沖縄サンプラザホテル:沖縄県那覇市安里

グループ旅行に嬉しい和洋室が豊富な那覇のホテル。設備は古めだが大浴場も部屋も広めでゆったり過ごせた。

ダイワロイネットホテル 那覇国際通り:沖縄県那覇市安里

ダイワロイネットホテル 那覇国際通り:立地良し朝ごはん良しで1人宿泊にもおすすめ 泊まった時期:2019年1月初旬 同行者 :なし 国際通りのはしっこにあり、ゆいレール牧志駅から直結しているので何かと便利。

徳島で一番高いところに立ってきた_4:平家の馬場!剣山山頂から尾根道コースで下山【剣山1955m】

剣山山頂:別名平家の馬場は大げさではなかった 【登った時期】2023年05月下旬【同行者】なし 強風と自らの怠慢のため、眠れぬ熟睡はできない一夜を過ごした翌朝。 寝心地の悪さで何度も何度も目が覚めたけれど、体調は悪くない。眠れなかった気がしているだ…