命短し、歩けよたおやめ

体力なし筋肉なし経験なしのたおやめが老朽化と戦いながらはじめた登山の記録

群馬と栃木で一番高いところに立ってきた_1:遥かなる関東最高峰。その名は【日光白根山:2578m】

関東以北最高峰:日光白根山への遠い道

【登った時期】2023年06月下旬
【同行者】なし

関西人にとって「遠い」地方といえば、
北海道や沖縄ではなくて北関東ではないだろうか。と勝手に思っている。

物理的な距離なら北海道、沖縄、東北の方が遠いのはあたりまえなので、
心理的?心情的?に遠いというか、、
「遠い印象がある」が一番しっくりくるだろうか。

続きを読む

コンフォートホテル東京東日本橋:東京都中央区

忘れられない心地よい枕:コンフォートホテル東京東日本橋

泊まった時期:2023年4月

同行者   :なし

 

立地とアクセス

駅からのアクセス

公式サイトによると「JR馬喰町駅4番出口より徒歩0分」
0分は言い過ぎではと思ったが、確かに4番出口を出ると目の前に入り口が。
ただし4番出口は階段しかない。

立地

周りはオフィス街で飲食店もあまり見当たらない。
繊維関係の会社が多いようで夜は静か。
コンビニはホテル(か隣のビルだったかも)の1階にある。

▼付近は愛想のない町並み

部屋と館内設備

部屋

広くはないが、1人なら十分。

必要な物はぎゅっと。

標準的な狭めユニットバス。やや古いタイプか。
バスルーム内は少々臭いが気になった。

徒歩圏内にある銭湯に行ったため使用せず。

ハンガーの数は十分。セキュリティボックスあり。

室内着はワッフル地のガウンタイプ

ベッドサイドに充電できるコンセントと「スマホを置け」とばかりの便利な台あり

朝食

朝食会場はカフェ風のかわいいインテリア

朝食時の混雑緩和のため、チェックイン時に時間帯を選び整理券を取る。

整理券はカフェ入り口のかごに入れるだけで強制力はないが、見たところ時間通りに来ている人がほとんどのようだった。

よいシステムと思う。

オフィス街にあるホテルにも関わらず外国人客が非常に多くて驚いた。
そのせいか元々そうなのか、メニューはほとんど洋食。

味は無料ならこんなものかなという印象。

その他

エレベーターが常に満員フル稼働だった。
私は荷物が小さくて部屋も低層階だったので待ちきれず2連泊の滞在中はほぼ階段を利用したくらい。

このホテルで一番印象に残っているのは

「枕がすばらしく自分好みだった」こと。

低め枕が大好き、というか高め枕だと無い方がマシな私はホテルの枕には毎回ドキドキ♡しながら対面する。
ここの枕は真ん中が薄くて両脇が少し高くなっているタイプで、個人的には最高の寝心地だった。
帰宅後調べてみたら枕にはかなりこだわりがある様子。

www.choice-hotels.jp

六甲山系ゆるっ登山:海・山・街!神戸らしさはじける須磨アルプス縦走【須磨浦公園駅~馬の背~板宿駅】

山陽電車須磨浦公園駅~鉢伏山~旗振山~鉄拐山~栂尾山~横尾山~板宿駅 

【登った時期】2024年6月初旬
【同行者】1名

須磨アルプス縦走

六甲全山縦走路の西の端っこ、須磨浦公園から鉢伏山、旗振山、鉄拐山、栂尾山、横尾山、馬の背、東山、と山頂をつなぐルートが須磨アルプス。

海と街と山がぎゅっと近い神戸ならではの低山ながら絶景が楽しめるルートを歩き、ついでに「乗り心地の悪さ」に定評のある乗り物カーレーターにも乗ってきた。

続きを読む

【立ち寄り湯】有馬温泉:銀の湯

有馬温泉:銀の湯

日本三古湯(道後温泉、有馬温泉、白浜温泉)の一つ有馬温泉。
異なる泉質の金泉・銀泉のお湯を気軽に楽しめる公共浴場【金の湯】【銀の湯】がある。

【銀の湯】は温泉街中心部から離れた静かな立地。

 

続きを読む

メマトイ攻防戦:めんどくさがりでも簡単にできる虫除けスプレー

メマトイの季節がやってきた!

六甲山の東、風吹き近くの横池におたまじゃくしが沸き立つ頃、、
メマトイも沸く季節がやってきた。

低山を歩いているといつの間にかどこからか現れてずーーーっと顔の周りにまとわりついてくる暇な奴。
登山を始めてうっとおしさこの上ないこの虫に出会い、そのまんま過ぎる【メマトイ】という名でよばれていることを知った。
最初は市販の虫除けを使っていたが、メマトイ対策にはハッカやユーカリレモンの香りが良いと聞き、ここ数年は自分で作っている。

市販の虫除けは登山用にはサイズが大きく、自作なら思う存分小さいボトルにできるメリットもある。

めんどくさがりの私は、「誰でも簡単にできる○○」というのによく騙されるが、これは本当に簡単。

続きを読む

六甲山系ゆるっ登山:初めての一軒茶屋で今年初のかき氷【芦屋川駅~風吹岩~六甲山頂上】

六甲山最高峰のちょっと下。一軒茶屋に初めて足を踏み入れた

六甲山頂を目指して登山するときに必ず通る一軒茶屋。

「やっと一軒茶屋まで来た!頂上まであと少し!」とか

「やっと一軒茶屋まで来た!今日は頂上はもういっかー」とか

「やっと一軒茶屋まで来た!ここでお昼にしよ」とか

思うところは様々なれど、一軒茶屋に入ったことのある人は少ないのではあるまいか。
私も何度となくこの地を訪れながら入ったことはなかったが、六甲タイムトライアルに初挑戦した日、初めて一軒茶屋の扉をくぐってみることにした。

続きを読む

六甲山系ゆるっ登山:六甲タイムトライアルに挑戦。しょんぼりタイムをたたき出す【芦屋川駅~風吹岩~六甲山頂上】

登山能力を知るための【六甲タイムトライアル】

登山能力を知るための【六甲タイムトライアル】なるものがあることを知った。

阪急芦屋川駅から高座の滝・ロックガーデン経由で六甲山最高峰までを「体力に無理のない範囲でなるべく速く登り、そのタイムから自分がどのレベルの山に行ける基礎体力があるかを評価する」というものらしい。

そういえば、この六甲山王道ルートは何度も歩いているけれど、
猫をかまったり、猪を観察したり、おたまじゃくしを見に寄り道したり、
と、一気に登ることはめったにないなあ。

この秋冬は4か月近く登山から遠のいていたこともあるし、一丁やってみるか!
と思い立った。

続きを読む

六甲山系ゆるっ登山:花曇りのお花見登山と湧き立つおたまじゃくし【芦屋会下山遺跡~風吹岩~神戸薬科大登山口】

芦屋会下山遺跡~風吹岩~雌池~風吹岩~神戸薬科大登山口 

【登った時期】2024年4月初旬
【同行者】なし

神戸薬科大尾根を目指してお花見ハイキング

ちょっと寝坊してしまった春うららかな朝。
一度桜の季節に行ってみたかった神戸薬科大尾根を歩きに行った。

続きを読む

千里の道も一歩から:【折りたたみ歯ブラシミニモ】で歯ブラシの収納性改善とちょびっと軽量化

折りたたみ式のミニ歯ブラシが便利

山に旅行に出張に。
荷物を小さくしたいときには【折りたたみ歯ブラシミニモ】を愛用中。

泊りがけの登山に歯ブラシを持参する際、私が感じていた問題は「重い」ことより「収納性が悪い」ことだった。

他の洗面道具と一緒に小さいポーチに入れようとしたら、長さのせいで入らなかったり。なんとか入っても歯ブラシの柄だけ収まりが悪くてポーチの形がゆがんだり。

歯ブラシよ、お前のせいか。

憎く思うことがしばしばあった。

続きを読む