命短し、歩けよたおやめ

体力なし筋肉なし経験なしのたおやめが老朽化と戦いながらはじめた登山の記録

アークテリクスAtomLTの部分汚れをきれいに洗う

薄い色のウェアはどうしても汚れが目立つ

Arc'teryx Atomシリーズは洗濯機で丸洗いできるのも魅力のひとつ。
白にほんの少し緑と水色の絵の具を溶かしたような色が気に入って購入したアトムLTだが、その淡い色が災いして襟元と袖口の汚れが年々目立ってきた。

黄色いような茶色いようなところどころ黒ずんでいるような。。
襟元は日焼け止めやメイクがつくこともあるし、袖口は汚れやすいからしかたあるまい、とは思うものの、
うわあ、私の首ってこんなに汚いんですか、そうですか。。
と暗い気持ちになる。

昨年冬物を片付けた際も一応部分洗いもしたうえで丸洗いしたけれど、あまり効果はなく、この冬を終えたらあきらめて買い替えようかと思っていた。
(思っていたけど、うっかりAtomSLを購入してしまった。)

 

www.arukuyo.com

 

本体はほとんど痛んでおらず、まだまだ着られるのに惜しい。
色も大好きだ。
が、この「汚れの首輪(ってCMが昔あった)」状態で着るのは抵抗がある。
肩とか腹とか腕とかにとれない汚れが少々、というんならまだいいんだけど。やっぱり皮脂汚れというのはハードルが高い。
今年のゴールデンウィークは時間もたっぷりあるので、最後にダメもとでもう一度洗ってみることにした。

手洗いと洗濯機でアトムを洗う

アークテリクス製品の基本の洗い方

購入時に店舗でもらった「洗濯の仕方」によると

①ポケットのファスナーは開ける

②①以外のファスナーは閉める

③ネットに入れる

④柔軟剤の入っていない洗剤またはゴアテックス用の洗剤を使用して洗濯機で洗う
 (すすぎはとにかくしっかり!)

⑤脱水は軽くね。脱水しないで手で軽く絞ってもいい

⑥日陰で乾かす

⑦そのあと、必要に応じて撥水処理をどうぞ

とある。

かなり乱暴に部分洗いしてみた

洗濯機に入れる前に、汚れの気になる部分を洗う。
昨年も一応洗ったけどほとんどきれいにならなかった。優しくつまむように洗ってしまったからかもしれない。
洗剤はウタマロリキッドを使用。
以前アウトドアショップで「洗剤何種類か試してみたけど、普通にスーパーで買える中ではいいと思う」と話を聞き、それ以来、登山ウェアは大体これで洗っている。
(私は新しいものを使うのは好きだけど、ウェアにしろその他装備にしろ、また山道具関係ない化粧品なども色々試して比較してみるタイプではない。使ってみて気に入らなければ別のものに変えるけど、悪くなければそのままひたすら使い続ける愚直なタイプだ)
普通に全体洗いに使っていたのだが、改めてちゃんと見ると「部分洗い用液体洗剤」とボトルど真ん中にしっかり書いてあった。もちろん全体洗いにも使えるので間違った使用方法ではなかったが、これまでどこ見てたんだろう。

今回はウタマロリキッドの本領「部分洗い用液体洗剤」としての力を発揮してもらうべく、原液のままじゃぶじゃぶ汚れの部分に垂らし、もみ洗い。
襟、首回り、袖口、ついでに裾の一部も。
もんでるだけじゃ物足りなくなってきたので、更に古い歯ブラシでこすってみた。きれいにならなかったらさよならだ、と思っているのでかなり乱暴にガシガシこする。
そのあと、上記に従って洗濯機で洗い乾かした。

そして乾くまで待つこと数時間。。

 

結果は大満足の洗いあがりだった!

 

もちろん新品のように、とまではいかないけれど、汚れはほとんど気にならない。
乱暴に洗ったわりに布地も痛んでいないのはさすが。
こすりまくった部分がちょっと白っぽくなっている気がしなくもないけど、黒ずみ黄ばみ汚れの首輪・汚れのブレスレットよりは断然いい!
諦め半分で洗ったので「洗濯前」の写真を撮っておかなかったのが悔やまれるほどだ。

これで今年の冬も乗り切れるし、淡い色のウェアを躊躇せず購入できる。

やはり洗剤は元々の使用目的に沿った使用方法で本気出して最大限の力を発揮してくれるのだ、これからはちゃんとボトルの隅から隅まで読みます。

ありがとうウタマロリキッド。

f:id:Bibendumaru:20200503200138j:plain