命短し、歩けよたおやめ

体力なし筋肉なし経験なしのたおやめが老朽化と戦いながらはじめた登山の記録

ないない尽くしで登山を始めた中年たおやめが最初に揃えた装備とその末路

初めて自主的に出かけたハイキング

私が初めて登山、、、とは言えない、ハイキングらしきものに挑戦したのは4年と少し前だった。
旅先で風光明媚な景色を見るために歩く、とか、観光で訪れた寺や神社が思いのほか山の上にあって不本意ながら高度を稼ぐことになった、とか、そういうケースを除き、

「ハイキングをする」

「山に登る」

ことを目的に自主的に出かけたのは初めてだったかもしれない。
(中学高校と兵庫県六甲山の裾野で過ごしたので、遠足は恐ろしいことにほぼ「六甲山登山」であったが、これは強制的に登らされたので含めない)

初めてのハイキングは奈良県の赤目四十八滝だった。
とりあえずやってみようと思ったものの、長続きするか自信もなかったので必要最低限のものだけ揃え、あとはなるべく手元にあるものだけで歩いてみようと考えた。
全くの手探りでまわりにアドバイスをもらえる経験者もいなかったので、ネットや本を調べ、服装についての知識を得た。

f:id:Bibendumaru:20200509174622j:plain

購入したもの

①綿はご法度。汗をかいても乾きやすい化繊を着よ

登山ウェアを購入する勇気が出なかった。
たまたま訪れたGAPでセールになっていたGAPフィットネスのカットソーを発見。吸湿発散性あり、と書かれているし、走ったりヨガしたりしてる人が着用している写真で宣伝してるし大丈夫でしょと、購入。
これはその後も何度も登山で着た。サムホールもあいているので手の甲をカバーできるのもお気に入りで春秋の低山には今でも着ることがあるけど、夏はかなり暑い。
初めて山小屋に泊まった時は寝間着として持って行った。
やはりヨガなどのゆったりとした運動用のウェアなのかも。  

②デニムパンツなんてもってのほか。

当時カジュアルなパンツはデニムしか持っていなかったが、観光のついでにうっかり登山もどきに突入してしまった時のデニムの辛さは実感として知っていた。そこでボトムスだけは登山専用パンツを購入することにした。
よくわからないのでとりあえずモンベルへ。
タイツ+ハーフパンツや山スカートの組み合わせもお勧めされたが、年齢的にそれはどうなのか、、、と尻込みし、無難そうなロングパンツを購入。
ここで私は2つの過ちを犯すことになる。

なんとなくゆったり目の方が歩きやすいのかと思い太めのパンツを購入

試着した時は特に問題を感じず、なだらかな起伏を歩く分には支障なかった。
が、しかし、その後だんだんと起伏の大きい登山をするようになると、脚を上げるときに腿にひっかりと負担を感じるようになってしまった。これが「腿上げが苦痛」という登山をするようになって知った苦しみとの出会いだった。
もちろん、このモンベルのパンツが悪いわけではなく、中途半端に大きめのサイズを選んでしまったのが敗因だったと今は思う。後日、完全にフィットするタイプのロングパンツをはくようになって気づいたのだが、要するにタイツと同じくらい脚にぴったりあっていれば腿上げは苦にならない。女性ならわかると思うが、よほどのことがない限り、タイツ履いて「腿上げ苦しい」とはならないのと同じだろう。

「黒は蜂に襲われる」という情報が頭をよぎり、日常着なら絶対着ない色を選んでしまった

登山ウェアを選ぶにあたって、
・普段は着ないような色を敢えて選ぶ派 と
・やはり普段から着ている色を選ぶ派 に大きく分かれると思う。
仕事の制約等で本当は着たいのに着られない色があるのを登山ウェアで!という場合は、前者で揃えてしまうのも楽しいと思う。が、「ちょっと気分変えてみる?」ぐらいの気持ちであれば、あまり着ない色を選ぶよりは自分の定番カラーを選んだ方が後悔しないように思う。
私は仕事上も特に制約はないので、「普段着ないような色」は「似合わない色」だったり「好きじゃない色」だったりするから今では後者をつらぬくことにしている。
パンツも通常ならまずは「黒」を買っていたと思う。
それなのに、なぜか蜂問題が頭をよぎり、うっかりあまり着ない色を選んでしまった。
あまり着ない色=トップスとの色合わせがうまくいかない=お蔵入り。
「黒は蜂に襲われやすい」というのは今でもよくわからない。
帽子を選ぶときはちょっと考えるけど、それ以外はもう気にしないようにしている。

2つの理由でこのパンツはあまり履かないままお蔵入りとなり、やがて売ってしまうことになった。私には合わなかったが、どこかでぴったり合う誰かが快適に履いていてくれるといいな。
「腿上げ地獄」に苦しんだのちは、思い切ってタイツ+ハーフパンツを選択。これは思いのほか快適でしばらくはこのセットで登っていた。

手持ちの物を利用したもの

①雨具は必ず準備せよ。

雨具はかなり良いものを持っていた。
パタゴニアのゴアテックスで、主にスクーターに乗るとき用に使っていた。購入時は「カッパのくせになんて高いの!」と驚愕したが、以来、スクーターはもちろんのこと旅先でも大活躍で個人的な「201X年買ってよかったものアワード金賞」に輝いていたくらいの優れもの。
当時は登山ウェアのことなど全く知らず、たまたまアウトドアショップのスタッフに勧められて購入したものの、正直(確かにスクーター乗ってても快適。でも、汗は逃がして雨は通さず、なんてそんなん有り得るの?)と疑っていた無知な私。
その後、旅先で雨に降られた際、通常のレインウェアを着て「暑い。蒸れる。苦しい。不快」と泣き言をいう友人を尻目に快適に過ごし、「本領発揮!」と思い知らされることになったのである。
ちなみに、私のご機嫌な様子をうらやんだ旅好きのその友人は後日モンベルで雨具を購入していた。
快適に過ごせる雨具はかなり大事。
登山以外でも役立つので1枚持っていて損はないと思う。

②その他

その他、でひとくくりにしてはいけないほど重要なものだが、靴とリュックは手持ちの旅行用のもので代用した。


靴:1足だけ持っていたNweBalanceのスニーカー
リュック:旅行用に持っていたパタゴニアライトウェイト・トラベル・トート・パック

f:id:Bibendumaru:20200509174631j:plain

とにかく軽くて丈夫なナイロン製の2wayトート。
基本トートとして使用し、リュックにしたいときは収納されているショルダーベルトを引っ張り出す。サイドのメッシュポケットもついており見かけより収納力があるし、何より軽くて小さくなるのでサブバッグとしても優秀。
海外旅行の機内持ち込みや、国内の1泊旅行その他用に持っていた。
日帰りに使えそうなリュックはこれしか持っていなかったのでこれを使った。
はっきり覚えていないがかなり昔に購入したので、正方形に近い形をしているが、毎年のモデルチェンジを経て現在は縦長の形になっている。
トートとしてか、リュックとしてか、どちらに重きをおくかによるのだろう。いつの間にかヒップベルトもついているしリュック方向にチェンジされているみたい。
個人的には「いざという時に背負えるトート」であってほしいので正方形型に戻ってほしい。縦長は「底が深い」ので中に入れたものが迷子になってしまって使い勝手が悪い。
リュックとして使うのが目的なら普通にリュック買うし、町使いメインのバッグとして優秀だと思っていたのになんだか中途半端になったなあ、という感想だ。ヒップベルトも要らなくないかなあ?

この時は登山というより、整備されたハイキングコースだったので靴もリュックもこれで大きな問題はなかったが、ネットなどに書いてあるデメリットを身をもって感じた。
・リュックは体にきっちり固定されていないので左右に荷物がふられるのが気になる。また肩だけで背負っているので最後の方は肩が痛くなった。
・足元は軽くて楽に歩けたが、濡れていたり滑りやすそうな所で気を遣う。

以上の装備でもう一度軽めのハイキングに出かけた後、
「楽しいかも。続けられそう。よし靴に投資!」と決意して、その後は失敗も繰り返しながら登山装備をそろえるのにはまっていくことになるのである。。